終活を始めているなら注目【お墓の種類を知っておこう】

都心の墓地

花

都心で探す墓地

死後の世界は誰にも分かりませんが、安らかに眠りたいと願うのが人情でしょう。死は誰にでも訪れますし、またいつ死ぬことになるかも分かりません。最近では、生前に自分の入るお墓をきちんと探しておくという人も増えているようです。そうすることによって、残された親族の手をできるだけ煩わせないようにすることができるからです。死んだ後のお葬式もそうですが、お墓にも結構なお金がかかります。地方で先祖と一緒のお墓に入るという人は別ですが、東京でお墓探しするのは意外と大変です。東京都はお墓の価格が最も高いことでも知られており、平均で300万円前後もすると言われています。お墓の費用は基本的に墓石にかかるお金と、墓地の区画に対する費用である永代使用料により構成されます。土地が狭く地価の高い東京では、特にこの永代使用料が高くなります。墓地を探すにあたっては、自分の宗教を考慮することはもちろんですが、できるだけ多くの墓地を見学してみて自分が納得できる場所をとことん探してみるのが良いでしょう。墓石も業者任せにしていると気づいたら高額なものを買っていたということになりかねませんので、事前に自分で調べてみるのも良いでしょう。東京などの都市部では墓地が不足しているため、最近では室内の納骨堂なども多くあります。都内で大きなお墓を作るよりも比較的安い値段で購入ができ、また墓地の手入れにかかるような労力もほとんどないため遺族も訪れやすく、検討してみる価値があるでしょう。