大人気

手間を省き安くシステムワークフローを導入しよう

Network

IT化が進み、現在では文書管理もデータとしてやりとりを行う時代となりました。システムワークフローになり、これまで煩雑だった業務はかなりスッキリと、且つ円滑に行えるようになりました。こうした文書管理ソフトは各ベンダーから販売されています。現在どのような工程で文書が流れているのかをお知らせしてくれる機能や24時間サポートがついたり、全てがシステム化した高機能なパッケージソフトでは、1ライセンスあたり数十万円近くしますが、クラウドサービスなどを利用した文書管理ソフトでは、月額あたり1000円から2000円程度で利用することができます。パッケージに比べてだいぶ安く済み、しかもセキュリティも充実しているため、現在ではこちらが主流となっています。

低コストで文書管理ソフトを利用しよう

文書管理ソフトは、まだまだ手作業が多かった時代ではパッケージ版の値段は数十万円以上の値段だったため、一部の大企業などが利用するものでした。しかし、IT化が進み、ネットワークが進化した現在では、パッケージ版の値段もだいぶ安くなりました。 また、クラウドサービスによる文書管理ソフトも登場しました。パッケージ版に比べて値段も安く、コンピュータに直接インストールしないため、インターネットに繋がる環境さえあれば誰でも利用できるようになったので、現在の主流となりました。 かつてのシステムワークフローも、一部の重要な承認は、手作業で行うのが普通でしたが、現在は申請から、承認に至るまで全てがシステム化しているのが当たり前となりつつあります。