終活を始めているなら注目【お墓の種類を知っておこう】

祭壇の種類による違い

お線香

仏壇には金箔と漆をあしらった物や唐木製、それに家具調や置き型があります。価格は金箔製が一番高く、続いて唐木製や家具調の物、置き型の物それに続きます。伝統に拘りがなければ、カジュアルで低価格な置き型や家具調の仏壇を選ぶのもおすすめです。

詳しく見る

墓に使う石材選び

墓

大阪は大きな都市なので高齢者も多く、新しく墓石を買う人や墓じまいをする人向けの石材業者が多数あります。基本的に石材店に墓石の注文を行う、あるいはしまう際にも処分を相談すると問題はすぐに解決できるのです。

詳しく見る

大きく分けて2種類

お線香

仏壇には伝統型と家具調型の種類があります。伝統型にはさらに金仏壇や唐木仏壇に分けることができます。伝統型は歴史が古く、家具調型は現代日本の住宅事情にあるモダンで自由度が高くサイズが小さく洋家具に使われる素材で作られています。

詳しく見る

都心の墓地

花

死んだ後には葬式の他、お墓にもお金がかかります。特に地価の高い東京でお墓を買う場合には、高額な永代使用料を支払う必要があります。まずは色々見てみることが大切ですが、コンパクトなスペースで安価な室内納骨堂なども検討してみると良いでしょう。

詳しく見る

何を基準に選ぶのか

お線香

仏壇を選ぶ際に基準となる際、上位に来るのがデザインとサイズで、次に価格です。仏壇の価格はサイズの大小や使用されている部材の質、施される装飾などによって変わってきます。それらの簡単な例を挙げて説明してみました。

詳しく見る

都会では難しい墓地の確保

花

生まれる新たな供養形式

都会で暮らす人の数は増加の一途を辿り、過疎化とは縁遠い安泰の環境なのですが、人口が増える事で起こる深刻な問題があります。それは、死後に入るお墓の確保をどうするかという問題です。東京でお墓を持つというのは、一戸建てを東京で建てる事と同等の難しさがあると言えます。東京23区の場合、土地代と墓石の設置に掛かる費用を合計すると200?300万円以上とかなり高額になっています。中には、土地代だけで500万円近く掛かる場所もあるようで、墓石と合わせると1000万円に届いてしまう可能性もあるのです。この金額は、他県で同規模のお墓を用意する時と比べても群を抜いており、都会での墓地確保の難しさを物語っています。他県から上京して来た人ならば、自分の生まれ育った地元にお墓を用意する選択肢もあるでしょう。また、都会であってもお寺などの檀家であれば、そのお寺が所有している墓地にお墓を用意する事は比較的容易です。しかし、お参りのし易さなどを考えて東京にお墓を持ちたい人や、生まれも育ちも東京である上、何の宗教も信仰していない無宗教の家庭であれば自力で何とかするしかありません。そこで注目なのが、野外に墓石を建てる従来のスタイルではなく、屋内の施設に作られた納骨堂や立体駐車場のような可動式タイプなどの新しいお墓の在り方です。立地や運営業者によって掛かる費用は変動してしまいますが、東京でも100万円ほどで済む所が多いようで、都会でのお墓確保において有用な選択肢の一つになる事は間違いないでしょう。